▼ 施術日誌メインコンテンツ ▼

リンパに対する施術って本当に必要!?

こんにちは、院長です(^-^)

今回の施術日誌のテーマは「リンパケア」についてお話しをしてみようと思います。世の中ではリンパ、リンパというお話しを耳にすることが多々ありますが、中には効果が全くないと言う先生もおられるくらいですが、では実際のところはどうなのかというところを考えてみたいと思います。

この良く聞く「リンパ」というのは、体の様々な循環を行なっている器官のひとつで、特に肝臓や静脈とも密接な関係にあります。と聞くと、「えっ!?それならリンパに対する施術って大切じゃないの!?」と思うかもしれませんが、結論から言えば私は「とても大切」だと思います。もしも大切ではないという先生がいるとすれば、体の機能について勉強不足なのか、もしくは専門外だからただ効果がないと話しているのかのいずれかだと思います。相変わらず口が悪くてすいません(^^;;


リンパは体の循環を円滑に行うパイプライン

人間の体内では体を健康的にする為に様々な機能がせっせと働いています。例えば摂取した物を消化吸収して栄養分として身体中に送り届ける消化器と循環器、脳の命令(電気信号)を筋肉に伝えて骨を動かす神経と筋肉など、これらは我々人間が日常生活を送る上で欠かせない動作のひとつだと言えます。その中でリンパというのは、簡単に言えば「体の水分循環と老廃物除去」の為のパイプラインとでも言えばわかりやすいかと思います。

人間の体内には様々な体液があります。この体液はとても汚れてしまいやすく、色々な外的要因によってすぐに濁ってしまうとイメージして下さい。プールに例えて考えてみましょう。プールの水は色々な原因で汚れてしまいます。でもいつ行ってみても濁ったりなんてしていませんよね?これはプールの水は絶えず「循環装置」へ送られて汚れを除去し、汚れが除去された水がまたプールへと送り込まれているからです。つまり、絶えず汚れを除去しながら綺麗な水を循環しているからこそ、いつでも綺麗な水に入ることができるということなのです。リンパもこれと同じような働きをしており、体内の水分が汚れると働く循環装置が肝臓、それと繋がってパイプラインとして働いているのがリンパや静脈という器官になります。

リンパ節には老廃物が溜まりやすい

リンパ腺と呼ばれる器官の所々に「リンパ節」と呼ばれる中継ポイントのような器官があります。このリンパ節、主なものとしては上から「後頭、耳介後、耳下腺、顎下、オトガイ、ウィルヒョウ、腋窩、気管支肺、腸、鼠蹊」などがあります。この主なリンパ節、特にウィルヒョウと呼ばれる左の鎖骨の上にあるリンパ節には老廃物が溜まりやすいと言われており、左鎖骨上部のウィルヒョウリンパ節を手で優しく撫でるようにマッサージを行うと健康にも良いと言われています。

ご自分でマッサージを行う時の注意点としては、リンパはとても痛めやすい部位のひとつでもある為に、あまり強く行わないことと、ウィルヒョウのすぐ下にある腋窩(えきか→脇の下)へ向かって流すようなイメージで行うと良いと思います。

一番の理想はなんでもそうですが、定期的な老廃物除去の為に専門家の先生のいる施術所やサロンに通われるのが良いと思います。

リンパ節の異常は内臓の病気を教えてくれていることも!?

リンパ節に腫れが見られる場合、それはもしかしたら病気のサインかもしれない可能性があります。実際に当院に母親と来られた中学生の女子生徒さん、耳下腺のリンパ節に腫れがありました。しかし特に痛みなどなく、本人は「首と肩がこっているような感じだったので、部活の指導者に相談したら先生のところに行って相談しておいで。」と言われたということで来院されました。母親も確認したそうで、確かに首の辺りがはっているような感じですとお話しされていましたが、私が触らせて頂いて確認しましたが、肩こりの症状は見当たらなかった為に首を触ってみると、明らかに筋肉的な「しこり」ではなく、さらにそのしこりが、リンパ上に確認できた為に、「これは筋肉的なこりとかじゃないと思うので、念の為内科で検査を受けて下さい。できれば一応肝臓も調べてもらえませんか?」とお話しさせて頂いて、来院された日が日曜日でしたので翌日県立病院へ行ったようでした。

午後13時前後、一本の電話が。昨日来院された中学生の母親からでした。「先生、今検査が終わったんですが、そのまま入院になりました。肝臓が感染症を起こしていたようで、昨日先生が話してた通り、リンパが腫れていたみたいです。今から自宅に戻って着替えとか持って来なくてはならないので、その前にひとことお礼をと思って。」という内容でした。その他にもウィルヒョウのリンパ節には「胃癌」の兆候が、腋窩には「乳癌や乳癌の転移」の兆候が、気管支肺には「呼吸器障害や結核、咳」などの兆候が出ることがありますので、ご心配な方は早めに医療機関を受診するようにしましょう。


パイプラインは命綱

これはリンパだけに特定した話しではなく、体の内部も世の中の機械にも言えることですが、「パイプライン」は「命綱」なのです。例えば石油を供給しているパイプラインに不具合が起これば我々の生活に支障が出ることくらい誰にでもわかります。車のエンジンに供給されているガソリンのパイプに不具合が起これば走行に支障をきたします。温泉のパイプラインが壊れてしまうと(数年前に私の住んでいる八幡平市で実際にありました)、温泉宿に源泉が供給されなくなります。

人間の体も同じです。血管という血液を体の隅々に供給しているパイプラインに不具合が起こってしまうと例えば「動脈硬化、動脈解離、高血圧、細胞の壊死」などが起こることもあります。リンパも一緒です。人間の体に備わっている機能や器官は、必要だからそこにあるのです。リンパに不具合が起こると、体内に汚れが充満します。体内環境が汚れてしまうとガン細胞が活発に働いたり、その他の悪玉菌と呼ばれるものが活性化してきます。それと同時に健康だった免疫細胞が機能しにくくなってしまいます。

リンパは人間が健やかに生活してゆく上で必要不可欠な「正常な体内環境」を提供してくれている大切な器官です。もし最近、疲労が抜けないとか、いまいち調子が出ないなどの疲労体質に悩まれている方は一度専門家からリンパに対する施術をしてもらうのも良いかもしれません。

0 件のコメント :

コメントを投稿