▼ 施術日誌メインコンテンツ ▼

野球の動作と体の構造について考える!痛みを治すのではなく、痛まないようにする為に!

こんにちは、院長です。

今回の施術日誌のテーマは、先日、とある元プロ野球選手の方を施術させて頂きましたが、その際に色々とお話しをさせて頂きましたが、その方は中日ドラゴンズへ入団し、引退する最後の球団は読売巨人軍で一線で活躍した方でした。現在は少年野球や様々な分野で野球に携わっている方で、コンディショニングの大切さの普及活動をなさっております。その施術の際に、私からは体を壊さないように練習や試合でプレーをすることの重要性をお話しさせて頂きましたが、その意見に賛同して下さいました。そこで「野球」という分野に特化して、「体を壊さない為には」という観点でお話しをしてゆきたいと思います。

ちなみに今回は野球というスポーツに関してのお話しですが、今後種目別に同じようなお話しもシリーズとして掲載してゆこうと考えておりましたので、もし読者の皆様から「〇〇の競技について書いてほしい」というご意見等ございましたら、お気軽にご一報下さい。


基本は走りこむということにつきる

野球でとても大切になってくるのが下半身の筋力アップと体幹だと言えます。もちろん他のスポーツにも言えることではありますが、野球というスポーツを考えた時に、下半身の筋力とバランス、体幹というのは全てにおいて「安定性」を生み出す部位です。この部位に安定性がなければボールコントロールがうまく出来ず、ピッチャーの投球、内野手、外野手の送球共に、一定の場所へ投げることが困難になってしまいます。さらに体幹という部位は、主には体中心線を支える「ボディバランス」を主に司っている部位となります。この体幹がうまく機能できなければ、体は2つ以上の複数の運動行動ができにくくなります。例えば複数の運動行動と考えた時に、野球で言えば「走る・捕る・投げる」をほぼ同時に行おうとするのが守備になります。攻撃の時も同じで、まずは投球を見てボールのコースを判断して予測を立てます。その後「テイクバック・スイング」という動作を行いますが、この時下半身や体幹に安定性がなければ、テイクバックの時に見ていたボールとスイングの時のボールの高さがバラついて見えてしまいます。つまり目線が上下してしまうということになります。

体幹が出来上がっていればバランスを崩すことなく、複数の運動行動が速やかに行えますが、体幹が出来上がっていない場合や、体幹トレーニングはしているが体幹に対するストレッチを行っていない為に、体幹がきちんと動けずに機能していな状態となると、全ての動作にキレがなく、動作と動作の間にわずかなタイムラグが生じることも考えられます。その一見すると小さな差に感じることが、大きな差となって現れてしまうのがスポーツです。

フォームの確認と修正が体を守る

主に野球の場合、フォームによって体、特に肩や肘に痛みが出てしまう可能性があるポジションと言えばピッチャーになります。もちろん他のポジションでも同様の痛みが出る場合もあります。特に小学生に多く、年齢を重ねるにつれて痛みにくくはなりますが、投球フォームの癖によってはその痛みに一生悩まされる選手もおります。

例えば皆さんにもぜひ試して頂きたい動作があります。野球のピッチャーの投球フォームの動作をする時に、肘の位置を肩よりも上から出して腕を振りぬく動作と、肘の位置を肩よりも下げて腕を振りぬく動作の両方をやってみて下さい。普通であれば、肘の位置が肩よりも下がった位置から出るフォームの方が、肩や肘に違和感や窮屈な感じを受けると思います。また、肘の位置が肩よりも下がってしまうことで体全体の力をボールに乗せにくくなり、結果的に腕だけの力で投げてしまう、俗に言う「手投げ」になってしまいやすくなります。手投げは肩から下の部分だけを使うというか、肘を軸にして投げてしまうフォームになってしまいます。肘が肩よりも高い位置から出るフォームであれば肩と肘の両方を軸にして行える為、手投げよりも負担のかかる部分がひとつ増えることになります。

人間の体は、ひとつの動作でかかる負担を100%と考えた時、ひとつの軸に負担がかかるフォームの場合であれば、そのひとつの部位に100%の負担がかかり、負担のかかる軸が2つになればひとつ当たり50%となります。つまり、負担を分散できるということになります。その他にも、体全体を使って投げることで負担のかかる軸を増やすことはできますが、肘が肩よりも下がってしまうとどうしても腕が横から出てしまうために、上半身をうまく使った投げ方ができにくくなります。なかなか難しい説明になりますが、投球時の体の動きは、肘を後方に持って行き、その後体の前側に肘を持ってきて腕を振り下ろします。肘を後方から前方に持ってくる時の腰の動きは「旋回運動」で、ボールが手から離れる瞬間から投げ終わりが「前屈運動」になります。この前屈運動は縦に体を折り曲げる運動であり、その時に肘が肩よりも低い位置、つまり横から出てしまうことでボールに体の力が伝わりにくく、結果的に体全体で補えるはずの投球時の負担をほぼ肘の一点にかかる為に肘を痛めてしまいます。もちろん個人差はありますが、きちんとした投球フォームを身に付けて、長く野球を楽しめるようにしましょう。

肩甲骨の動きがとても大切

これは投球、送球の時だけでなく、打撃においても言えることですが、人間の腕は、腕が単体で動いて動作を行っているわけではありません。例えば万歳をする時、肩甲骨が下に下がるような動きをしています。また、水泳で言う平泳ぎの時には肩甲骨の下が外側に移動したり内側に移動したりを繰り返すことであのような腕の動きが可能となります。肩甲骨の動きが悪くなればなるほど、万歳をした時に腕が顔から離れ気味になってしまい、耳と腕との間の距離が大きく開いてしまいます。

現ロサンゼルス・ドジャースのメジャーリーガーである前田健太投手で有名になった通称「マエケン体操」は、とても良い運動法だと言えます。また、私と同じ岩手県出身のメジャーリーガーであるロサンゼルス・エンジェルスの大谷翔平投手は、肩甲骨の可動がとても広く、腰に手を当てた状態で肘を前側に持ってくると、左右の肘がくっつきそうになるほどの可動域を持っている選手として有名です。このふたりの選手に共通して言えることは、球速150km以上のボールを投げられるということですが、それ以上にすごいことは、その球速のボールを、試合終盤でも変わらずに投げ切れるということだと思います。

どんなピッチャーでも、試合終盤になるにつれて速度が衰えてきます。終盤でも同じように投げられる要因として考えられることは、関節の可動域が広い為に、100%の力を出し切らなくてもあの速度が出せるということと、ボディバランスが優れているということだと思います。同じメジャーリーガーで言うと2人の他にも田中将大投手がそうだと言えます。


基本的な部分を突き詰めること

これは野球に限らず、どんなスポーツにもスポーツ以外の分野でも言えることだと思いますが、基本をとにかく突き詰めて行くことと、反復練習を欠かさずに行うということが何よりも大事なのかもしれません。

私の仕事の分野でも、先生方の指導を依頼された時、普段からそのように指導しますが、何かをする時に特別な何かが必要だと私は思いません。当たり前のことを当たり前にやるということ、反復練習をすること、それ以外に技術を向上させる術はないと思います。理論は勉強すれば身に付けられる。でも技術は勉強だけでは身に付けることができないものです。何にもプレッシャーのかかっていない場面で力を発揮することは大して難しい話ではありません。大きなプレッシャーがかかっている場面で普段と全く変わらない技術を出せること、それが大切なことだと思います。その為にはとにかく基本を突き詰めること。基本形を突き詰めた形こそが究極形なんだと私は思っています。

好きで始めた野球だと思います。大好きな野球を長く楽しんでゆく為にも、不必要な体の痛みやケガは負わないように頑張って下さい。少年野球の子供たち、中学生、高校生の部活動の皆さん、その中から将来、ひとりでも多くのプロ野球選手が誕生することを願っています。

0 件のコメント :

コメントを投稿