▼ 施術日誌メインコンテンツ ▼

必見!ボディメンテナンスNo.1(野球・テニス・バドミントンなど)→肘関節・肩関節のトラブル編解消編

こんにちは、院長です。

先日、中学生のストレッチ指導を行ってきましたが、体のメンテナンスの基本は、痛みが出ないように前もってストレッチやメンテナンスをしておくということですが、痛んでから本気で考えるようになってしまうという傾向がどうしてもあります。これは指導者の皆さんにも考えてほしいことでもありますが、練習に充てる時間を目一杯にして、練習後のストレッチを適当に行ったり、自宅へ帰ってからやっておくようにというのではなく、終了後のストレッチまでが練習だという認識をもっと持って頂きたいと思います。どんなに良い練習でも、ケガを負って試合に出ている時点で100%の力を発揮することはできなくなりますので、練習の意味がなくなります。

さてそこで今回から数回に渡って、「必見!ボディメンテナンス」というタイトルで、競技別の体の痛みや不調、原因、対処の仕方などをお話ししてゆきたいと思います。


腕を振り出す競技に起こる肘関節(ちゅうかんせつ)の障害

主には「腕を振り抜く・腕を振り下ろす」などの動きが多い競技に多く起こる症状のひとつとして「肘関節障害」が挙げられます。肘関節障害とは、肘関節に起こる症状の総称で、その中には「上腕骨上顆炎(腱鞘炎)」や「腱鞘炎様症状」が多く、腱と腱鞘との間に起こる炎症です。

この炎症が競技によって起こるのは多くの場合肘の内側(小指側)に起こりますが、時として外側にも起こりうる症状です。肘の内側に痛みが現れた場合には手の平を上に上げた状態で物を持ち上げる時に痛みが強くなり、逆の外側に痛みが現れる場合には、手の平を下に向けて、物をつかむように持ち上げた時に痛みが強くなります。

痛みが出るという事実は、結果であって原因にはなりません。何らかの理由があってその部位に痛みが現れることになっているという認識を持つことがとても大切で、これはなにも肘関節の症状に限ったことではありません。基本的には肘関節を中心に考えて、上下の筋肉と筋膜との癒着部位を確認します。それが痛みの原因となっている部位ですが、それと同時に、競技時のフォームのチェックを行わなければなりません。例えば野球で多い「野球肘(テニス肘・ゴルフ肘も同)」という症状もこれに当たりますが、投球時のフォームを確認してみると、肘が肩よりも低い位置から出されているフォームの選手にとても多く、体の骨格や骨格筋が成長途上にある子供達には特に顕著にその傾向が現れてしまいます。

フォームチェックを怠ることで、一度は良くなったとしてもすぐに再発という道筋をたどってゆくこととなりますので、一番の根本を改善してゆくということが必要不可欠となります。またテニスのように、肘関節が肩よりも低い位置から出されることが多い競技については、上腕の筋力アップと、肩甲骨周辺の筋肉の入念なストレッチなどで肩関節と言われる肩甲骨、鎖骨、上腕骨周辺の可動域を広げておくことが重要です。

腰部の障害と原因

腕を振る競技に多い「腰痛」として考えられる動作は、「腰の回旋運動」によるものが多く、痛めてしまう動きを考えると、あるひとつの動作の時がもっとも痛めやすいという傾向があります。

人間は自分で考えた状況下においては、よほどのことがない限りケガをするということは意外と少なくなります。これは「予測の動作の範囲内」で起こることであり、その予測を超えるくらいの外力が働いた時もしくは「予測できない動作」の場合に痛める傾向がかなり強くなってしまいます。

例えば、自分が予測していたボールのスピードとあまりにもかけ離れた速度の場合、これは俗に「タイミングを外される」と言いますが、野球やテニスでボールを打ち返そうとした時に、自分が予測していたタイミングでバットやラケットを振り抜く際にかかるはずだったボールの衝撃が外されたり、振り抜くタイミングを無理に変えようとしてしまうことで思わぬ負荷がかかります。しかも、フォームが崩れた状態で力を入れてしまうので「急性腰痛・腰部挫傷(肉離れ)・過度の筋拘縮」などを引き起こしてしまいます。

この場合、予測できなかった動作に対して起こってしまうので、一見すると明確な対処方法はないように感じてしまいますが、これは腰の痛みとしてだけ考えるのではなく、腰全体の可動を広げ、可動がスムーズに行われるようにしておくことである程度の場合には防ぐことが十分可能になります。これはスポーツ障害だけでなく、腰痛と言われる症状全般に言えることなのですが、腰痛を腰の症状としてだけ考えてしまうと思うような改善が見込めなくなってしまいます。腰の動きや動作のほとんどは、上半身・下半身の筋肉と干渉するように動いているので、背中や首の筋肉に柔軟性があるということも重要となりますが、最重要として「臀部(お尻)・大腿部(太もも)・膝下部(膝裏)・腓腹部(ふくらはぎ)・足底部(足裏)」などの下肢(下半身)の筋肉の柔軟性が損なわれないようにしておくことが大切です。

つまり腰の動きは、腰の筋肉だけで動作させているのではなく、その他の筋肉や筋膜、靭帯などにも干渉してひとつの動作を行っているのだということを認識しておかなければなかなか改善されない痛みを出す部位の代表格とも言えます。これは「普段の姿勢の悪化・運動終了直後のストレッチ不足・食事のバランス」などによって引き起こされているケースだとも言えます。例えば実例として、身動きができない度合いのギックリ腰の患者様でも、臀部から脚の施術をきちんと行うことで、その場でなんとか立ち上がることができるようになります。腰に手をかけていなくてもです。そのくらい下肢は腰にとって重要な部位だということです。

肩鎖関節周辺の痛み

肩の関節と一言で言っても、痛みの出る部位は人によって様々です。肩の関節の部分に痛みが出る場合や肩の関節の前に出る場合、後方に出る場合など、様々な痛みの出現部位があります。

肩の痛みの場合は、肩単体でのものではなく、首と腕の筋肉の状態も考えてゆく必要があります。特に考えるべきことは、首の角度がおかしく決まった状態で腕を振って力を込めた時に肩を痛めやすくなる傾向があります。その為首の筋肉や腱の部分から肩に痛みが出てくることが多く、特に肩の前側に出る痛みのほとんどは首からの影響だと考えても言い過ぎではないと思います。この時のほとんどの場合、首自体に痛みを感じることはあまり多くなく、肩に出てしまう為に肩を重点に考えてしまいがちになり、例えば肩に湿布を貼るとか、肩だけにキネシオテープを貼ってしまうということが多くなりますが、実際に痛みが軽減するというわけではありません。その為、試合中などでキネシオテープなどを使用する場合には、痛みを感じている肩を通り越して貼るように、首から上腕もしくは首から胸筋にかけて貼る必要があります。

肩の後方や三角筋に痛みが出る場合、一部は首から始まる筋肉と、三角筋自体が痛んでいる場合や肩甲骨を包む僧帽筋の問題で痛みが出ている場合もあります。その為、原因部位がどこなのかを細かく特定する必要がありますが、肩の痛みの場合、これは前方と後方に出る痛み全般に言えることですが、首の角度を変えながら腕を様々な方向へ動かしてみることで、ある特定の首の角度と腕の方向で痛みが強く出てしまうことが自分でもわかるはずですので、それによってある程度は原因部位を特定することが可能となります。

いずれにしても普段行うべきストレッチは、首から腕までをトータルで行ってゆく必要があります。また、本来であればストレッチも調整も矯正も、全てに言えることですが、体の上から順番に行うことが理想的だと言われています。この肩に関して言えば、首から肩、腕というように、ストレッチをするべき部位の中で一番上にある部位から行うように心がけましょう。


主に利き手を使う競技は利き手じゃない方も大切

こう表現してしまうとわかりにくいですが、主に利き手を多く使用する競技は、どうしても片側に偏った動作が多くなってしまいます。これは腕だけでなく、腰も肩も同様で、筋肉の状態も左右で大きく差が出てしまいます。その為ストレッチの前に、反対方向へもスイングなどをする動作を行って頂くことを当院では推奨しています。これはストレッチの一環として行って頂くもので、これを続けるだけでも痛みを予防する作用があると言えますので、ぜひ続けてやって頂きたいと思います。もちろんその後のストレッチはきちんと行いましょう。

0 件のコメント :

コメントを投稿