▼ 施術日誌メインコンテンツ ▼

2018年を振り返って&来季新規事業開設へ

こんにちは、院長です。

平成最後の年となりました2018年を振り返ってみて、皆様にとってはどのような1年だったでしょうか。私はというと、まぁ特に変わったこともなく、いつも通りの1年だったというのが正直な感想です。先日、毎年恒例行事となりました東北高等学校レスリング競技のJOC東北ブロック予選会と研修会が4泊5日で行われ、この行事が終了すると「あぁ~、今年ももう終わるなぁ。」という感じが致します。今年1年、大きな病気をすることなく過ごすことができて良かったなぁと、しみじみと感じておりました。


今年度の当院へ来られた患者様の傾向として

毎年、その年度によって当院へ来られる患者様の悩みや症状に変化が見られます。例えば腰痛のご相談が目立って多い年度、頭痛やむち打ちの後遺症でのご相談が増加する年度など、その年々によって様々です。

今年度はというと、特に目立って多かったのは子供達や一般のスポーツ選手のスポーツ障害やケガによる相談でした。特に、過去のケガの影響から、数週間~数ヶ月間経過しても痛みや違和感が治らないという相談が目立って多く、大半の場合、ケガをした直後にバケツに冷水を作ったりして持続的に冷却をした後数日間、とにかく冷やすことに重点を置いてきたという事象がかなり多く見られました。冷却のし過ぎは組織の修復を妨げてしまう可能性が非常に高く、体内で傷ついた組織がきちんと修復される前に痛みの原因である炎症が止まってしまったことによる影響が大きいのではないかと思います。

検討違いの治療や施術をされてきた例も増加傾向

近年増加傾向にあり、重大な事実として受け止めるべき事項だと思います。実際に今年度あった中で、これはどう考えてもおかしいと考えられる治療や施術の内容は、検査をすることなく突然首に注射をされた(病院)、疲労骨折の可能性がある症状に対してテーピングをして競技を続けさせた(接骨院)、内臓症状による背中の痛みを筋肉の炎症として電気治療などで処理され続けた(接骨院)、腰の痛みを訴えて行った病院で、どうしてそこに痛みが出るのか聞いたところ、「なんでだろうね?」と聞き返された(病院)、手の指の症状で行った病院で、全く関係のないところに痛み止めの注射をされた(病院)、骨が外れかけていると言われ、腰部の無理な矯正をされて脚のしびれが出てきた(整体)などなど、挙げればかなりの数になると思います。

病院も治療院も施術院も、どれもが全て万能ではありませんし、先生も人間であることに変わりはないので、必ずしも正しいとは言えません。これは私も含めて仕方のないことだと思いますが、中には、せっかく来た患者様を離したくないが為に、改善余地が見込めない、もしくは改善余地を見いだせないまま治療や施術に通わせようとする先生がおります。そうなると将来的に一番損をしてしまうのは患者様ご本人です。

現在ではセカンドオピニオンやサードオピニオンなどがありますが、現実問題として、セカンドオピニオン、サードオピニオンの意味がなくなってしまっている現状があることも分かって頂きたく思います。最初に診断を受けた病院での治療で改善せず、別な医療機関へ相談に行った時、最初の病院と全く同じことを言われた、または「最初の病院の先生の診断で大丈夫だと思うので、出された薬を飲み続けてみて。」と言われ、一向に改善しないということが事実としてあります。このような場合、今までとは別の観点から考えてアプローチをして行こうと考えなければ、セカンドオピニオン、サードオピニオンの意味をなさなくなってしまうと私は思います。

来年度へ向けて

来年度に向けてと言っても、特に当院は変わることはないと思いますが、実は来年度、私が場所をお借りしているいこいの村岩手さんの同じフロアの別室に、癒しと健康をテーマにしたリラクゼーションサロンを新たに開設致します。こちらは当院とは別ジャンルの施術となり、男女ともにご利用頂くことができます。メインはオイルを用いてのリンパやふくらはぎの施術などになりますが、近年、スポーツシーンでもオイルを用いた施術が注目されてきています。また、癒しは健康と密接な関連性があり、自律神経系などのバランスを補う上でも大きな期待が持てると思います。

予定では2019年度の春(3月~4月)にオープン予定と考えておりましたので、プレオープンやオープン情報、イベント情報などが確定次第、当院のホームページや各種SNS等でお知らせをさせて頂きたいと考えておりました。

本年は患者様のお役に立たせて頂けたでしょうか?患者様が思い描く未来へのお手伝いをさせて頂くことはできましたでしょうか?

来年度も変わらず皆様の健康のお手伝いの為に従事させて頂きたく思っておりましたので、佐々木長生整体院と、来年度オープン予定となっておりますリラクゼーションサロン「Quilalis(キラリス)」をどうぞよろしくお願い致します。尚当院は今年度31日まで通常営業となり、元旦から3日まで休業となります。4日からは通常どおり営業開始しておりましたので、ご相談等がございましたらお気軽にお問い合せ下さい。皆様のご健康を心よりお祈り申し上げております。


佐々木長生整体院
院長 佐々木俊一

0 件のコメント :

コメントを投稿