▼ 施術日誌メインコンテンツ ▼

当院の多数の患者様、知人からのご意見を形に!amazon&楽天で!

こんにちは、院長です。

実は数多くの当院の患者様と知人から常々言われていたことなのですが、私が現在場所をお借りしているいこいの村岩手2階に開業した日が東日本大震災の日でした。これは以前にもブログでも書きましたが、このお話しは当院の入り口に掲げてあります私のプロフィールにも記載してありますので、当院に来られる患者様もよく知っていると思います。そのお話しを患者様からお話しされて、当時の状況や人生でもどん底だった時代、苦しかった時にどのようにしてきたのかをお話しすると、「先生、絶対に本を出した方が良いですよ。」とか、「それをノンフィクションで本にして出版するべきですよ。」と言われます。最初は「ん~、まぁその内考えてみますね。」と話していましたが、今現在の世の中に対して思うことも多々あり、その思いと私が経験してきた思いとが重なる部分がありました。そこで、少しずつ記事を書き上げて昨日、電子書籍と形でamazon kindleストアさんと、楽天koboさんの2サイトで販売させて頂くことにしました。


内容は?

内容に関しては、素人がノンフィクションで書き上げたので、支離滅裂になっている部分もあるかもしれませんが、苦しい時代の自分、友人知人の助け、人のつながり、患者様に対しての接し方、自身の体調不良、気持ちが折れかけた自分、今現在の医療、治療、施術に対して思うことなどなどを書き綴らせて頂きました。

今年も残り少なくなり、間もなく震災から8年が経過しようとしています。東日本大震災は多くの方々の命を奪い、どんなに生きたいと願っていても生きることができなかった方も多くいらっしゃったのではないかぁといつも思います。でも今現在の世の中ではというと、自ら命を絶ってしまったり、簡単に人を殺してしまう世の中になってしまいました。もう一度命について考えてもらいたいということや、仕事ができるということは当たり前なことではなくて、とてもありがたいことなんだと気づかされた自分の自叙伝のような内容となっています。また、この内容を通じて、決して風化させてはいけない事実である「東日本大震災」についてももう一度考えて頂ければと思います。

開業をすると心に強く決めて、将来を思い描き、希望に満ちていた自分の考えが開業した日に打ち砕かれた、その時から今現在までの自分と当院のことをありのままノンフィクションで描きました。「えっ!?こんなの作り話しでしょ!?」と思える内容もあるかもしれませんが。全て本当のできごとですので、もしご興味があったり、現在、仕事や人間関係、ストレスなどの悩みを抱えていらっしゃる方はぜひ読んで頂ければなぁと思っています。

山の上の院長の施術日誌番外編「今日を生きる為の説明書」

ダウンロード販売先
amazon kindleストア
楽天kobo
※amazonの場合は価格設定がドルでの設定の為に2サイトではやや価格に差がございます。

【目次】
1.最初の就職は大手財閥系企業
2.財閥企業退職後、ネットが普及するかなり前にIT関連企業に就職
3.毛髪関連企業に就職
4.実家の稼業である職人の道へ
5.開業と同時に営業停止
6.友人・知人の支え
7.ストレスと過労で病院へ
8.ある薬剤師の言葉
9.友人のおばあちゃんの言葉
10.自分自身との対話
11.患者様からの教え
12.痛みのない 明日を迎える そのために
13.ブログ「山の上の院長の施術日誌」開設
14.現在

あとがき

色々な方々に支えられて当院も私も今現在を迎えられております。もちろん、身近にいる家族、友人、知人だけでなく、当院を訪れて下さる患者様、当院がお世話になっている業者様、場所をお借りしているいこいの村岩手の皆様など、多くの方々のおかげで今日まで営業を続けてこれました。もちろん今後も皆様から慕われる院を目指してゆきたいと思いますので、今後も当院をよろしくお願い致します。


amazon kindleストア
今日を生きる為の説明書

0 件のコメント :

コメントを投稿